[PR]

 男性(当時46)が自殺したのは職場でのパワハラが原因だったとして、男性の妻らが勤務先の給食センターを運営する「エイエスワイ」(青森市)に損害賠償を求めた訴訟が15日、仙台高裁で和解した。同社は解雇により男性に精神的苦痛を与えたことを認め、妻らに和解金2400万円を支払う。給食を作ることが大好きだった夫はなぜ自殺したのか。悲しみを抱え続けた妻が、胸中を明かした。(板倉大地)

 原告らによると、自殺したのは平内町の花田司さん。勤務先のエイエスワイは当時、平内町から委託を受けて町内の学校給食の調理や輸送をしており、町の職員がセンター長を務めていた。花田さんは1999年から勤務し、2012年からは主任を務めていた。

 14年、従業員同士で無視し合ったり従業員が花田さんに反抗的な態度をとったりするようになり、花田さんは会社に改善を求めた。しかし、従業員と面談した社員は花田さんが女性従業員と交際しているなどのうわさを聞いたとして、事実関係を確認しないままに花田さんに注意したという。その後、数人の従業員が退社した。

 従業員の態度はその後も改善されず、花田さんは食欲が減ったりめまいを訴えたりするようになった。花田さんは2度にわたり退職したいと会社に申し出たが、認められなかったという。ところが15年6月12日、花田さんは会社から「多数の人員異動の原因を作った」として、即時解雇を言い渡された。

 その日の夕方、花田さんは自宅で命を絶った。

妻「旦那は帰ってこない」

 和解成立後、花田さんの妻伸子さん(51)は朝日新聞の取材に「和解したからといって、大切な旦那は帰ってこない。でも旦那の悔しさをやっと晴らせたと思う」と話した。

 伸子さんによると、花田さんに異変が起きたのは14年ごろ。普段仕事の愚痴など言わない花田さんが、朝になると「頭が痛い」「仕事に行きたくない」と訴えるようになった。

 それでも責任感から「仕事は休まない」と言って、出かける花田さんを、伸子さんは無理やり病院に連れて行った。病院では、抑うつ状態と診断された。「辞めてもいいよ」という伸子さんの言葉に背中を押され、花田さんは退職したい旨を2度会社に申し出たという。

 伸子さんのスマートフォンに花田さんから無料通話アプリのLINEでメッセージが届いたのは、2度目の退職の申し出が断られてから2カ月後の夕方だった。「絶対に許さない」「愛しています」。同社から突然の解雇通告を受けた花田さんはその日、自ら命を絶った。

 花田さんは生前、配達先の学校の子供たちにお礼の手紙をもらい、「この仕事に就いて本当に良かった」と話していたという。「まだ続けたかっただろう。なぜ会社は最初に退職願を受け取らなかったのに、急に解雇したのか。本当に許せない」。伸子さんは目に涙を浮かべて話した。

     ◇

訂正しておわびします

 この記事で、花田司さんが退職を2度申し出たのに給食センターを運営する会社から「認められなかったという」「断られ」とあるのは、「1度目は上司から次の仕事が決まるまで続けてはと助言され、退職しなかった。2度目は退職希望日が退職届提出の翌日で事務処理ができないと上司から伝えられたり、別の上司らから慰留されたりして、退職申し出を撤回したという」の誤りでした。取材が不十分でした。見出しとともに訂正します。

 この記事で報じたのは二審・仙台高裁での和解です。花田さんの妻らが会社に対し、6686万円の損害賠償を求めた一審・青森地裁判決は、解雇は著しく配慮を欠いたとして、88万円の損害賠償の支払いを命じましたが、解雇と自殺の因果関係は認めませんでした。