[PR]

田崎禎子さん(1940年生まれ)

 2008年春。新聞を読んでいた田崎禎子(たさきていこ)さん(78)=長崎市西山2丁目=の目に、一つの記事が留まった。被爆者でつくる合唱団「被爆者歌う会 ひまわり」が会員を募集するものだった。この年から、平和祈念式典前に同じ会場で歌声を披露すると伝えていた。

 歌うことが好き。でもそれ以上に、ある思いが田崎さんに浮かんだ。「平和公園で歌うということは、供養になるかもしれない」

 1945年8月9日、4歳だった田崎さんは爆心地から4・5キロで被爆した。けがはなく、被害の様子は分からなかった。伯母といとこが長崎市城山町で亡くなったが、直接の記憶はない。でも、戦後の生活で、被爆死した2人や戦死した父、伯父について語ることができず、ずっと罪悪感を抱えていた。ひまわりと出会ったのは、そんなころだった。

 ひまわりに入って10年以上がたった今も、仲間と舞台に立ち続けている。家族を思いながら、平和が続き、原爆が二度と使われることのないよう訴えながら。

 田崎さんは1940年9月、長崎市下筑後町(現・筑後町)で父の仁(ひとし)さん、母のイ子(いね)さんの次女として生まれた。仁さんは鹿児島出身で家具などを作る大工。イ子さんの父が大工で、仁さんはその弟子だったという。

 田崎さん自身は覚えていないが、イ子さんいわく、仁さんは「きれい好きで優しかった」。赤ちゃんだった田崎さんをイ子さんが抱っこして外に出かけると、その間に仁さんが家をきれいに片付け、掃除をしていたことがあった。イ子さんが戦後、「御殿みたいになっていた」と語り聞かせてくれた。

 2歳上の姉清子(せいこ)さん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら