[PR]

 13日午前5時37分ごろ、鹿児島県阿久根市港町の阿久根港で「岸壁から20~30メートルほど先で、車が海中に沈みそうになっている」と、通りかかった漁協関係者の男性から110番通報があった。県警阿久根署員が駆けつけ、海中に乗用車を確認。車内から、40代くらいの男女2人と小学生くらいの男児2人が見つかった。病院に運ばれたが、いずれも死亡が確認された。

 同署は、車内で見つかった遺留品から、4人は家族とみて身元確認を進めている。同署によると、車は岸壁から転落したとみられる。4人は車内で浮いた状態で発見され、引き揚げられた時点で心肺停止状態だった。目立った外傷はなかった。

 海へ転落したとみられる部分の岸壁には車両止めはなく、ブレーキ痕も見つかっていない。車は、鹿児島ナンバーのレンタカーだったという。

 通報した漁協関係者の男性が見た当時、乗用車は前部から次第に海中に沈む途中だったという。