不正融資のスルガ銀、新生から出資受け入れへ 再建急ぐ

有料記事

山口博敬
[PR]

 不動産向け融資をめぐって多数の不正が発覚したスルガ銀行静岡県沼津市)が、新生銀行の出資を受け入れて同行と資本・業務提携を結ぶ方針を固めた。スルガ銀は新生銀以外にも家電販売大手のノジマ(横浜市)とも交渉しており、幅広い支援を得て経営を立て直したい考えだ。

 スルガ銀は15日に2019年3月期決算の発表を予定しており、新生銀との提携も公表する予定。出資比率は最終調整中という。スルガ銀が得意とする個人向けの住宅融資を、新生銀の顧客にも提供することなどを考えている。金融庁はスルガ銀に企業統治の改革を急ぐように求めており、両行はこの点でも協力する。

 スルガ銀は昨年、シェアハウ…

この記事は有料記事です。残り344文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(春トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

春トク_2カ月間無料