[PR]

 昨年8月に亡くなった漫画家さくらももこさんのサインと偽り、自分で書いた色紙をインターネットで販売して金をだまし取ったとして、徳島県警は13日、徳島市八万町千鳥の会社員、広永哲成(あきなり)容疑者(35)を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。「借金返済のためにやった」と容疑を認めているという。

 徳島中央署によると、広永容疑者は昨年9月2日、オークションサイトにさくらももこさんの直筆サイン色紙として出品。落札した東京都の40代の男性に1万3700円を振り込ませてだまし取った疑いがある。サインは「ちびまる子ちゃん」のイラスト付き。ネット上で見つけたサイン色紙の画像を基に自作したという。

 署によると、広永容疑者はほかに、漫画「ONE PIECE」の作者、尾田栄一郎さんの偽物のサイン色紙を出品し、計4枚が落札されているという。2017年9月に匿名の通報を受けた県警が捜査していた。サインはいずれも、集英社が偽物と断定している。