[PR]

 大阪府の「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」がユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界文化遺産に登録される見通しになったことを受け、菅義偉官房長官は14日午前の閣議後会見で「地元関係者の努力に心から敬意を表したい。勧告通り本年夏、登録されるよう、政府として油断することなく全力で取り組んでいきたい」と述べ、政府としても後押しする考えを示した。

     ◇

 吉村洋文・大阪府知事は14日、「世界文化遺産にふさわしいとご理解いただけたものと、大変うれしく思っております。勧告のとおり、大阪初の世界文化遺産登録が実現されるよう、引き続き国や地元市とともに全力で取り組んでまいります」とするコメントを発表した。