[PR]

 23歳の息子を交通事故で亡くした男性が、高校生900人を前に自らの経験を語った。北海道石狩市の石狩翔陽高校で開かれた「命の大切さを学ぶ教室」。生徒は、大切な人を失った遺族の言葉に触れ、交通安全への思いを新たにした。

 「みなさん、それぞれ大切な人を思い出してください。命にまつわる決断をするときは、その大切な人を忘れないで」。14日の講演の冒頭、真島勝彦さん(62)が全校生徒に語りかけた。

 2010年7月、長男の以明(いざや)さんが自転車で札幌市内の交差点を横断中、赤信号を無視した大型トラックにはねられ、亡くなった。運転手は危険運転致死罪に問われ、裁判員裁判で懲役5年の有罪判決を受けた。

 事故からまもなく9年。真島さ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら