[PR]

 42人が死亡し、628人が負傷した信楽高原鉄道(SKR)とJR西日本の列車同士の正面衝突事故は14日、1991年の発生から28年となった。現場近くの滋賀県甲賀市では追悼法要が営まれ、関係者らは安全を最優先させることなど再発防止への決意を新たにした。

 午前10時半からの法要は約70人が参列した。慰霊碑に向かって1分間の黙禱(もくとう)後、次々に慰霊碑に献花して手を合わせた。SKR社長の正木仙治郎・同市副市長とJR西日本の来島達夫社長、三日月大造知事らが慰霊碑に花束を供えた。

 事故発生時刻の同35分ごろには、信楽行きの列車が警笛を鳴らして通過。住職が読経を終えて慰霊碑に刻まれた犠牲者の名前を1人ずつ読みあげると、ハンカチで目元を拭う参列者も見られた。

 正木社長は「安全最優先の鉄道…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら