[PR]

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(当時10)が虐待死したとされる事件で、母親のなぎさ被告(32)=傷害幇助(ほうじょ)罪で起訴=が、父親の勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=に虐待をやめるよう求めたが「逆切れされ聞き入れてもらえなかった」と、県柏児童相談所に話していたことがわかった。

 関係者によると、なぎさ被告は心愛さんが柏児相に一時保護された2017年11~12月、児相職員と面談し、心愛さんを引きずるなどしていた勇一郎被告にやめてほしいと伝えたが「お前に言われたくない」と逆上されることが多かったと打ち明けた。午後9時に寝る準備をすると、勇一郎被告は「何で子どもを早く寝かせなければならないんだ」「今から宿題の復習をする」と反発し、なぎさ被告は心愛さんの不眠を悩んでいたという。

 なぎさ被告は児相職員に「結局…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら