[PR]

 県内外のイベントなどで奈良市の魅力をPRする「ミス奈良」の名称が、2019年度から「NARA CITY コンシェルジュ」に変更された。主催の奈良市観光協会が4月、初代メンバー3人を発表した。名称変更の背景に何があったのか。

 選出されたメンバーは県内在住の大学生らで、19~22歳の女性。市観光協会によると、ミス奈良事業は1989年度に始まり、任期は原則1年。名称こそミス奈良だったが、2002年度から男性も応募可能となっていた。以降、数人の男性から応募があったものの、メンバーに選出されたことはないという。

 市観光協会は奈良市の外郭団体。ミス奈良の名称をめぐっては市議会でも批判が起きていた。02年には市議から「男女共同参画社会と言われる時に、まずいのでは」と指摘があり、当時の担当課長は「観光協会に改善を指導してまいりたい」と答弁していた。18年にも別の市議から「未婚の女性を選んでいるというイメージがぬぐえない」と見直しを求める声が上がっていた。

 市観光協会は「外部からの指摘…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら