[PR]

 9月に開かれるラグビーワールドカップ(W杯)日本大会のアンバサダーの一人に、元日本代表で山梨学院大ラグビー部監督の梶原宏之さん(52)が就任した。ラグビーW杯2019組織委員会が発表した。W杯に出場経験のある元日本代表選手が、ラグビーの普及やイベントを通して大会の機運を盛り上げる。

 梶原さんは山梨県立日川高から筑波大に進学。卒業後は東芝に入社した。日本代表として31キャップ(国際試合出場数)を持つ。

 FWのフランカーのポジションで1991、95年のW杯に出場した梶原さんは「ラグビー最高の舞台のワールドカップが日本で開催されることに感謝、感動しています。皆さんとともに、大会が大成功するよう盛り上げていきましょう」とコメントを寄せた。(田中正一)