[PR]

 「3分、帰り支度を早く終え、坑口に戻る電車に乗っていたら、私も爆発で命を落としていました」

 新原光義さん(83)は淡々とした口調で語った。

 死者458人。戦後最悪の労災事故と言われる三池炭鉱炭塵(たんじん)爆発事故。新原さんは56年前、鉱夫として、地下の作業場で事故に遭遇しながら奇跡的に生還を果たした。そしていま、現場となった大牟田市西港町の三川坑跡で、その体験をガイドとして伝えている。

 新原さんのガイドでは、当事者…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら