【動画】大津の園児死傷事故、現場で実況見分 容疑者立ち会いで=佐々木崇暢撮影
[PR]

 大津市の県道交差点で車2台が衝突し、近くのレイモンド淡海(おうみ)保育園の園児ら16人が死傷した事故で、滋賀県警は15日、現場で実況見分をした。右折しようとしていた車を運転していた新立(しんたて)文子容疑者(52)=自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で送検=らを立ち会わせて、事故が起きた時の状況を詳しく確認した。

 県警は、15日午前9時半ごろから約1時間半、事故が起きた丁字路の交差点を中心に周辺道路に規制線を張って通行止めにした。近くの住民男性(71)によると、交差点付近では午前10時ごろから、小型車を幅2~3メートルの青いシートで隠し、外から見えないようにしながら、ゆっくり走らせて見分していたという。

 8日の事故では、園児2人が死亡。園児1人が重体、園児と保育士計13人が重軽傷を負った。新立容疑者は県警の調べに対し、「前をよく見ず運転していた」と供述しており、県警は新立容疑者の前方不注意が事故原因とみて調べを進めている。(安藤仙一朗、北川サイラ)