[PR]

 江戸時代の旧家「福田家住宅」(鳥取市紙子谷〈かごだに〉)の敷地内にある土蔵などが国の重要文化財に追加指定される見通しになった。国の文化審議会が17日、文部科学相に答申した。

 市文化財課によると、福田家は江戸時代に旧津ノ井村の庄屋を務めた旧家。江戸初期ごろまでの建築と推定される主屋が県最古の民家として評価を受け、1974年に国重要文化財に指定された。

 今回指定を受けた土蔵は、主屋と同じ敷地内にある「上(かみ)の蔵」、「下(しも)の蔵」、下の蔵の別棟である「新米蔵(しんこめぐら)」の3棟。各蔵の白漆喰(しっくい)の外壁の一部には、高い職人技術が必要とされる海鼠(なまこ)壁や鏝(こて)絵といった丁寧な装飾が施されている。

 下の蔵は外壁の漆喰を正面側は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら