[PR]

 山形県が開発したブランド米「つや姫」のデビューから今年で10年目を迎えた。県は15日、記念の田植えイベントを庄内町で開き、吉村美栄子知事が今年度に10歳になる児童らとつや姫の苗を手植えした。

 イベントがあったのは、つや姫の試験栽培から協力してきた高梨是男(よしお)さん(72)の田んぼ。高梨さんは妻の元子さん(72)と一緒に命名時のポスターのモデルにもなった。

 参加した児童は、近くの庄内町立余目第三小の4年生40人。手足を泥だらけにして苗を植えた小巻涼音さん(9)は「おいしいお米になってほしい」と話した。高梨さんは「品質が良くおいしい米。健康な土作りにも努力してきた」と10年のあゆみを振り返った。

 県によると、つや姫が本格デビ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら