[PR]

 12日のヴァンフォーレ甲府戦を1―0で勝利しました。ホームゲームでの白星は昨年8月以来です。プレー上や、「ホームで勝たなければいけない」という重圧感など様々な要因があるなか、分析できることがあります。

 甲府戦前までは、チーム全体の意識の共有を欠いていました。具体的には、ゲーム中に何をしなければいけないのか、例えば攻撃ではどこを狙っていくのか、守備ではどう相手を消していくのか、そして90分間の時間帯をどう戦っていくのかなど、共通意識が足りなかったと感じます。ホームとアウェーに関係なく、我々が思っている以上に大きな問題でした。

 スタッフ(指導者)側は「選手に伝えたつもりでいても、相手が分かっていなければ伝えたうちにならない」との認識が必要でした。裏を返せば、選手側も「分かっているつもり」でプレーをしていたのです。分からないことがあれば聞かなければいけないですし、1人の「これくらいいいだろう」という気持ちが重なっていくとチームとして全く機能しなくなります。

 甲府戦では選手たちも同様の共…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも