[PR]

 空は晴れわたっていた。

 専門学校に通う29歳の長男は、リュックを背負って福岡市の家を出た。

 「行ってきます」

 「行ってらっしゃい」

 母親(63)が背中を見送った。

 2016年9月、いつも通りの朝。後になってみれば、息子の声は少し疲れていた。

 気の優しい子だった。友だちづきあいが苦手で、中学2年で一時不登校になった。母はそのころ、夫と別居。母子2人、狭いアパートで暮らした。

 息子は大学を出て、夢だったアニメの制作会社に入ったが、長続きしなかった。見かねて、資格を取れる医療系の専門学校を勧めた。アパートの家賃を学費に回すため、夫の実家に頭を下げて同居させてもらった。息子は「お母さんがもたないよ」と、肩身のせまさを気にかけてくれた。

 あの日、息子は夕食の時間を過ぎても帰ってこなかった。

 午後10時になってスマホを鳴…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら