[PR]

 中東の地域大国トルコが20年足らずの間に武器の国産化率を大幅に増やした。その自信を背景にロシアから地対空ミサイル購入を決め、米国の強い反発を招いている。トルコは西側から離れていくのか。(イスタンブール=其山史晃)

 「設計から生産まで、防衛産業の全段階を自国でまかなう目標に着実に近づいている」。4月30日、イスタンブールで開かれた国際防衛産業フェアの開幕式で、エルドアン大統領は言葉に力を込め、2000年代初頭に約2割だったトルコの防衛装備品の自給率が約7割に達したと強調した。生産対象は長距離砲、攻撃ヘリ、装甲車から電子戦システムに及ぶ。

 会場で目をひいたのは新型無人機アクスングル(白いハヤブサ)。24メートルの翼の下には搭載できる国産の精密誘導弾を並べ、見学者には外国軍の制服姿もあった。無人システムはトルコが特に力を入れる分野だ。

 開発に携わったトルコ航空宇宙会社の担当者は「アクスングルの強みは、飛行高度、弾薬、カメラの精度、敵の通信傍受まで、戦場での偵察や攻撃の任務で必要なデータに裏打ちされていることです」と話す。トルコは16年と18年にシリア北部で越境軍事作戦を展開。同社製無人機が使われ、実戦経験が新たな開発に生かされた。

 別の担当者は「中東の国々を中心に問い合わせはかなりある。米国製やイスラエル製より安いのも魅力だろう」。トルコ製無人機はカタールが購入。今年に入ってウクライナが購入を決め、マレーシアも関心を示したと報じられている。

エルドアン政権下で

 業界団体によると、18年の防衛航空関連の総売り上げは87億6千万ドル。10年間で2・8倍に増えた。輸出額も2・6倍を記録している。サウジアラビアやアラブ首長国連邦、パキスタン、トルクメニスタンなどが主な輸出先だ。

 トルコはなぜ、武器の国産化を強く意識するようになったのか。

 地中海の島キプロスをめぐる対…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら