[PR]

 サウジアラビアの石油タンカーやパイプライン施設が損傷したり攻撃されたりする事件が相次いでいる。サウジと対立するイランが事件に関与したとの指摘が一部にあり、経済制裁などで米国が「イラン包囲網」を推し進めるなか、中東地域で偶発的な衝突が起きる懸念も出ている。

 「世界の原油供給の安全を害することを狙った行為だ」。サウジのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は13日、こう非難した。

 サウジ国営通信などによると、タンカー2隻がアラブ首長国連邦(UAE)沖合を航行中、「妨害攻撃」で損傷したのは12日早朝。けが人や原油の流出はなく、うち1隻には米国向けの原油が積み込まれる予定だった。UAEは計4隻が被害にあったとしている。

 誰が攻撃したかは不明だが、米メディアは、イランやその傘下の武装勢力が事件に関与したとの、米軍の初期分析を報じた。

 米国は昨年5月にイラン核合意…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら