[PR]

 春の運動会シーズン。猛暑で知られる名古屋市などでは、熱中症対策を理由に、午前中で切り上げる「半日運動会」の公立小学校が急増している。教員の負担軽減や授業時間確保の狙いもあるようだ。

 名古屋市では今年、市内261校のうち、半数を超える164校の運動会が午前中のみの予定だ。昨年は小規模校を中心に13校だったのが、10倍以上に急増した。

 名古屋市教育委員会の担当者は、昨夏の記録的な猛暑をうけた暑さ対策や、教員の働き方改革を進める中での行事の見直しを理由に挙げる。さらに今年は4~5月の10連休で、授業時間を確保する必要が出てきたことも重なった。種目の数を減らしたり、開会式を簡略化したりして、対応する学校が多いという。

 名古屋市天白区の小学校も、熱中症対策で半日で切り上げることを決めた。昨年までは昼食を挟んで午後2時過ぎまで競技が続いたが、今年は正午まで。リレー競技をなくしたり、競技にかける時間を短くしたりして、時間内に収められるよう工夫したという。

 保護者からは「健康を考えると炎天下で運動させないほうがいい」という声があがる一方、「家族にとっても一大イベント。お弁当を食べる時間がなくなり、寂しい」といった意見もあるという。

 愛知県安城市でも、市内21校…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら