[PR]

医の手帳・メタボ(3)

 肝臓に脂肪が過剰についた状態を脂肪肝と呼び、肥満や飲酒と深い関連があります。肥満が原因の場合、一昔前までは「ただの脂肪肝」として重要視されてきませんでした。ところが、こうした脂肪肝の患者さんの一部が肝硬変・肝がんに進むことがわかり、飲酒以外が原因の脂肪肝は「非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)」として注目されるようになりました。

 NAFLDでは肝硬変になる患者さんとそうでない患者さんの区別が難しいことがあるのですが、肝臓の硬さを測ることがその手助けになります。従来は肝生検という検査で硬さを判定していましたが、局所麻酔をして肝臓に針を刺すため入院が必要でした。近年、注目されている「超音波エラストグラフィー」は外来で検査可能で、針も刺さず痛みもありません。ただ、今のところ測定機のある施設が限られています。日本人の約30%が脂肪肝とも言われる中、全ての患者さんでの測定は難しいのが現状です。

 そこで、健康寿命延伸・消化器…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら