[PR]

 大相撲の新大関貴景勝(22)=本名・佐藤貴信、兵庫県芦屋市出身、千賀ノ浦部屋=が、夏場所5日目の16日、日本相撲協会に休場を届け出た。4日目の取組で負傷し、右ひざ内側の靱帯(じんたい)損傷で約3週間の治療が必要との診断書を提出した。

 このまま休場して負け越すと名古屋場所はカド番となるが、師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)は「(今場所の再出場は)難しいかなと思っている。若いし、無理をさせたくない」と話した。

 貴景勝の休場は昨年春場所以来で2度目。4日目までは3勝1敗だった。5日目の対戦相手、玉鷲は不戦勝となる。