[PR]

瑞宝双光章 友田直人さん(70)

 母子生活支援施設「旭ケ丘母子ホーム」(千葉市若葉区都賀1丁目)で50年近く、自立をめざす母子を見守り続けてきた。施設長の友田直人さん(70)は「職員やボランティアの努力あっての受章。この機会に母子施設の役割を多くの人に知ってほしい」と話す。

 幼少時は両親が働く児童養護施設のそばで暮らし、入所している子どもたちと遊んだ。そんな環境からキリスト教系の社会福祉法人に就職し、母子約600組を支援してきた。仕事を始めた昭和40年代は貧困や夫との死別が原因で入所する母子が多かったが、平成になる頃からは、多くが配偶者からの家庭内暴力(DV)を逃れたケースに。DV防止法が施行される2001年までは、包丁を手に母子を連れ戻しに来る男たちと対峙(たいじ)することもあった。

 子どもが18歳になるなどして…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら