[PR]

 クニマスが生息する西湖畔に立つ山梨県富士河口湖町西湖の大型ホテルが用意した「クニマス教育プログラム」が人気だ。昨春以降、約1300人の小中高生が参加。16日には忍野中学校の2年生91人が体験した。

 本来の生息地、秋田県の田沢湖で絶滅したものの、2010年に約70年ぶりに西湖で発見されたクニマス。西湖へ放流されたクニマスの卵が子孫をつないだらしい。プログラムでは、1920~30年代に全国で放流されたが西湖だけで生き残れた理由や、保全に必要な環境を考える。

 企画するのは、HAMAYOUリゾートが経営し、湖畔に並び立つ「ホテル光風閣くわるび」と「レイクホテル西湖」。

 学習機会を提供したのには訳が…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら