[PR]

 トランプ米政権が15日(日本時間16日朝)、中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)が「米国の安全保障を損なう」として、米国から同社への部品輸出を規制すると発表した。これに対し華為は反論の声明を公表。米中通商摩擦はさらなる激化の様相を呈してきた。

 華為は16日、「米国での華為のビジネスを制限しても、米国がより安全になることも、強くなることもない。質が悪く価格が高い設備を使わざるをえなくなり、(高速通信規格の)5Gネットワークづくりで他国に後れを取るだけだ」などとする声明を出した。

 米国が輸出規制を公表する前の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら