看板力士だからこそ「休む勇気」を 休場申し出た貴景勝

有料会員記事

竹園隆浩
[PR]

 大相撲の新大関貴景勝が夏場所5日目の16日から休場した。右ひざ内側の靱帯(じんたい)損傷で全治約3週間と診断された。師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)によると、4日目の御嶽海戦で投げを打った際に痛めた。今場所最大の注目力士だった新大関貴景勝の休場はファンには残念だが、決断は正解だと思う。けがは痛めた直後の対処が大切だ。特に「ひざ」は癖になると致命傷になりかねない。無理をする必要は無い。

 思い出されるのは、新横綱場所の稀勢の里(現荒磯親方)だ。2017年春場所13日目。日馬富士との対戦で左肩付近を痛めたが、残り2日間を強行出場。千秋楽では1差で追う大関照ノ富士に勝ち、決定戦も制してファンを歓喜させた。

 だが、翌場所も出場に踏み切…

この記事は有料会員記事です。残り373文字有料会員になると続きをお読みいただけます。