[PR]

 北方領土返還に関連して戦争に言及した丸山穂高衆院議員(日本維新の会から除名)に対し、野党幹部からは16日も議員辞職を求める声が出た。維新の東徹参院国会対策委員長は記者会見で「元島民の方や北方領土返還に向けて努力してきた方々に多大な迷惑をかけているのは事実だと思う。責任の重さを考えれば、辞職することを考えるのがいい」と述べた。

 国民民主党の原口一博国対委員長も会見で「国際問題になりかねない。早く決着をつけないといけない。(丸山氏は)自分で出処進退を決めるべきだ」と語った。

 衆院議院運営委員会の理事会では、野党が検討している丸山氏に対する辞職勧告決議案をめぐり、維新側は提出されれば賛成に回る方針を説明。自民党と立憲民主党の間で提出の是非を含めて協議することを確認した。

 丸山氏は15日夕、自らのツイッターに「(決議案が)可決されようがされまいが任期を全うする」と投稿、議員辞職を否定している。