[PR]

 いわき市の小名浜港で16日朝、初ガツオが水揚げされた。約2・3トンと量は少なかったが、「初夏の味覚」として人気が高い。初物は鮮魚店などに並んだ。

 地元のまき網漁船団が15日、いわき市の塩屋埼から東に約300キロ沖でとってきた。入札では1キロ当たり150~550円(税別)の値がついた。「第33寿和(すわ)丸」の奥田勝弘船長(50)は「群れの北上が約1カ月遅れており、カツオも小ぶりだ」と話し、今後の群れの北上に期待している。

 観光物産館「いわき・ら・ら・ミュウ」に入る鮮魚店「加藤商店」は、仕入れた初ガツオを1匹1500~2千円(税込み)で販売。加藤力也さん(81)は「小名浜のカツオは人気がある。5月といえば初ガツオが食べたくなる」。(柳沼広幸)