[PR]

 菅義偉官房長官は16日午前の記者会見で、トランプ米政権が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する部品などの輸出を規制すると発表したことについて「サイバーセキュリティーの確保は安全保障上、極めて重要だと認識している」と述べ、米政府の動向を注視していく考えを示した。

 日本政府も、電力や金融などの重要インフラに対するリスク管理を強化しており、菅氏は「各国の動向を注視しながら、必要であれば(対策を)検討してまいりたい」とも述べた。