[PR]

フランス菓子 パティスリーリヨンのモンブラン(和歌山市)

 丸く小高く、ずっしりとしたモンブラン。フォークを入れると、ぎっしりと詰まっている様子が指越しに伝わってくる。少し押すようにして一番下まですくい上げ、口にほおばると栗の甘さが広がり、ラム酒の香りが鼻を抜けていく。

 矢田万幸人(まこと)さん(56)が一人でつくっている。1988年に和歌山市内で店を構えた。一番人気はモンブラン。夕方にはほぼ売り切れるほどの人気を誇っている。

 高校卒業後、大阪の調理師学校…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら