日米のプロ野球で輝かしい実績を残したイチロー選手が今年3月、現役引退を表明しました。こんな日がとうとう来たのか――。会見の様子をテレビで見ていて感慨深いものがありました。関西に育ち、オリックス時代から身近に見ていた私にとって、イチロー選手は憧れの存在でした。1992年に入団し、走攻守とスピード感あふれるプレー。94年からは7年連続首位打者になりました。これまでの常識を覆すような活躍に、高校生だった私はすぐに魅了されました。

 撮影した回数は多くはありません。朝日新聞社のカメラマンは、常に大リーグを撮影しているわけでありません。262本の大リーグ年間最多安打、10年連続200安打、大リーグ通算3千安打など、イチロー選手の大記録のかかった節目の試合にあわせて、アメリカに海外出張をします。

 撮影に向かったのは、2013年の日米通算4千安打のかかった試合です。普段大リーグを撮影していない私にとって、イチロー選手の撮影は特に難しいものでした。

イチローの巧みな技術はカメラマンを泣かせる

 なぜイチロー選手の撮影は難しいのか。

このあとイチロー選手を撮影する難しさに迫ります。
矢木カメラマンはイチロー選手の4千本安打の瞬間を撮影できたのでしょうか。

 バッティングのインパクトが非…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら