[PR]

 自民党の下村博文・憲法改正推進本部長は16日、所属する細田派の会合後、記者団に「自民党全体が憲法改正に向けて盛り上がっていないとの指摘がある」と語り、党内各派閥に対し、派内での改憲論議を求めたことを明らかにした。

 下村氏は、記者団から憲法改正を争点にした衆院解散、同日選の可能性を問われ、「そういう風に言う人が増えた」と述べた。

 一方、同党の甘利明選挙対策委員長は同日のBSテレ東の番組収録で同日選を否定。記者団には、改憲を争点とする衆院解散論について「そういう考えを持っている人が党内にいることは承知しているが、総理が現時点で同調しているとは思えない」と語った。

 公明党の北側一雄・憲法調査会…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら