[PR]

 カナダから違法に輸出されたごみが約5年にわたり、フィリピンの港に放置されている。度重なる撤去要請にもカナダ政府は腰を上げず、フィリピンのドゥテルテ大統領は「カナダと戦争だ」と激怒。比外務省は16日、駐カナダ大使を帰国させる方針を表明した。各国が頭を悩ますごみ問題は外交問題に発展している。

 現地報道によると、ごみはカナダの民間企業がフィリピンの業者あてに2013年から14年に送ったコンテナ約100個分で、計2450トンに上るという。

 ごみは「リサイクル用プラスチック」としてフィリピンの税関に申告されていたが、到着後も誰も引き取りに来ないため、税関職員が14年1月に一部のコンテナを開けた。すると、使用済みの大人用おむつやポリ袋、ペットボトルなどが山積みになっていた。

 フィリピン当局は、ごみは有害…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら