[PR]

 群馬県渋川市は19日、JR渋川駅前の駅前プラザで電動アシスト自転車の無料貸し出しを始める。県立渋川女子高の生徒たちのアイデアを、市が具体化した。愛称は市の花アジサイとサイクルをもじって「あじサイクル」とつけた。

 自転車はいずれも電動アシスト付きで、シティーサイクルと、近年人気を呼んでいるスポーツ自転車の「eバイク」の2種類。計10台を用意する予定。eバイクは1回の充電で最長約73キロを走る。市は黒井峯遺跡や、伊香保・榛名方面、赤城自然園などへの観光客の移動手段としての利用のほか、市民の健康増進にも役立てる考えだ。

 生徒たちは総合的な学習の時間に地域づくりを話し合い、提案。かごや後輪部分にあしらわれたアジサイの絵と、雨をイメージしたフレームのしずくもデザインした。経費は賛同する市内の企業によるふるさと応援寄付金でまかなった。

 自転車のお披露目に参加した野…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら