[PR]

 岩手県警に今年4月採用された新人警察官が、県警察学校(盛岡市青山)で訓練を受けている。初任科生78人のうち、女性は13人。警察組織は男性が圧倒的に多いなか、どんな思いでこの道を志し、訓練と向き合っているのか――。この春、朝日新聞に入社し盛岡総局に赴任した女性記者(23)が、報道機関向けの「警察学校1日体験入学」を通して、同世代の女性警察官の思いに触れた。

「下向くな」教官のげき お昼は10分で完食

 16日に報道陣に公開された県警察学校での訓練。この日参加した警察官36人中、7人が女性だった。

 グラウンドで防御盾を使った警備訓練が始まった。アルミ製の盾は重さ約6キロで、身長158センチの記者の胸に届くほどの大きさ。女性警察官も男性と同じ訓練内容をこなす。

 「下を向くな」「列をそろえろ」。盾を脇に抱えて走る記者に、教官のげきが飛ぶ。腕が疲れ息苦しくなってきたが、女性警察官たちの足取りは軽い。「最初は自分もついていけなかったから」。走り終えた記者に駆け寄りいたわってくれた。この日は15分ほどだったが、普段はさらに長い時間走ることもあるという。

 午前中の訓練が終わり、昼食の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら