[PR]

 寺院に参拝した証しである御朱印をめぐり、トラブルが相次いでいる。元号が令和に変わったことで、ブームが過熱。授与される側の暴言や転売が問題視され、取りやめるところも出てきた。

 「こっちはお客さんだぞ」。東京都台東区の浅草神社では4月末から、「平成」「令和」という新旧の元号が入った御朱印を数量限定で配布したところ、予想を超える行列ができた。入手できなかった人が神職や巫女(みこ)に罵声を浴びせたという。

 ネットオークションでは5千円を超える値をつけ、「転売も看過できない」と神社は検討。混乱を避けるとして、19日までの三社祭では恒例だった特別な御朱印の配布を取りやめた。

 朱印に本尊の名などを墨書してもらう御朱印は10年ほど前からブームが続き、神社などにも広がった。福島県会津若松市の白虎隊の墓の近くにある土産物店「飯盛分店」では、五代目墓守の飯盛尚子さん(46)が、墓参者と丁寧にやり取りをしながら御朱印を書いてきた。「妊婦さんには丸めの文字にしたり、おばあちゃんには四字熟語を添えたり、一人一人の気持ちに寄り添って書いていました」。1人に10分かかることもあり、「手際が悪い。何分かけてんだ」と責められて昨年、書くのをやめた。

 改元にあたり予約制で再開したところ、「行けば混乱するので、御朱印帳を郵送します。書いて返送して」という手紙が届いた。行列に並ぶ時間がないと、「ホテルまで届けに来て」と御朱印帳を置いていく女性もいたという。「(慈善活動の寄付にあてており)商売でやっているわけではない。当分書くつもりはありません」

 近年のブームでは、こだわりの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら