[PR]

 ブランド牛肉といえば、サシ(脂身)がたっぷり入った和牛が主流だ。ところが、阿賀野市にはあえて赤身にこだわる「逆張り」戦略の牛肉がある。地ビール「スワンレイクビール」をつくる天朝閣グループなど地元4社の若手経営者らが組んでブランド化を目指す「あがの姫牛」だ。

 天朝閣グループの直営レストラン(同市金屋)で、あがの姫牛のハンバーグを食べた。切り口はミートローフのように肉がぎっしり。かみしめると軟らかく、肉のうまみがじゅわじゅわと口の中に広がるが、脂っぽさはほとんど感じない。肉は好きだけど、脂っこいのはちょっと、という人にはぴったりだ。

 「和牛では味わえない、赤身肉そのもののうまみと食感にこだわった」。レストランから5キロほど離れた畜舎であがの姫牛を育てる臼井農畜産(同市水原)の臼井直哉専務(41)は話す。黒毛和種とホルスタインの交雑種のうち、肉質が軟らかい雌牛だけを肥育し、生後20~22カ月で出荷している。

 交雑種は肥育時に脂がのりにく…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら