[PR]

 「脱サラ」してバスケットボールの道を志した選手がBリーグで今季、3点シュート(スリーポイント)王のタイトルを獲得した。一度はプロ選手をあきらめかけたからこそ、タイトルを取り、ある思いを見る者に伝えたかった。

 彼の名は石井講祐。千葉県船橋市出身の31歳で、今季レギュラーシーズン(RS)で最高勝率を獲得し、チャンピオンシップ(CS)準優勝の千葉に所属している。勝負どころの3点シュートと激しい守備が持ち味で、大野篤史監督は「しっかり役割を果たしつつ、それ以上の何かを成し遂げようと挑戦できる選手」と評価する。

 その石井、6年前まで会社員だった。強豪・東海大でバスケットに打ち込むなか、プロ選手をめざす同僚とは実力差を感じていた。「当時の自分には、就職を選択することが自然だった」。卒業後は実業団チームを持つ富士通に就職。関東実業団リーグでプレーしながら、平日の昼間は営業マンとして働いていた。

 ただ、競技と仕事を両立させる…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら