[PR]

 大分市郊外で養豚場を営む男性が、自慢の黒豚を使ったハムやベーコンなどの加工品を作った。自ら運営する一般向けのサーキット場を訪れる人たちにもPRしようと、レース漫画「オーバーレブ!」で知られる福岡市在住の漫画家・山口かつみさんにパッケージのイラストを依頼。クラウドファンディングも活用し、先月末から販売開始。初回生産分がスピード完売する人気ぶりだ。

 首藤将伸さん(44)は大分市今市の養豚場「一本クヌギファーム」で、黒豚約100頭を放牧形式で飼育している。放牧場には竹林やクリ・カキの木があり、豚たちはタケノコを掘ったり、木の実を食べたりして伸び伸び育つ。

 近くの九州乳業から賞味期限が迫った牛乳の提供をうけ、エサに混ぜて食べさせている。併設する食肉店で「ミルキー豊後黒豚」の名で販売し、「脂身に甘みがある」と好評だ。

 同じ敷地には、サーキット場「…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら