[PR]

 愛知県豊橋市の豊橋総合動植物公園で飼育されていた雄ライオンのハヤテが、16日に死んだ。26日が誕生日で21歳目前。園によるとライオンの20歳はかなりの高齢で、死因は老衰という。

 1歳年下の雌オトとの仲の良い姿が来園者の人気を集めていた。今年、豊橋市がつくった自殺防止のポスターには「だめになりそうなときは きっと ここにおいでよ」というコピーとともに、寄り添う2頭の写真が使われ、話題を呼んでいた。

 園は献花台を設置。お別れ会を26日午後2時から開く予定。(宮沢崇志)