[PR]

 大牟田が炭都として栄えた30~40年前、西鉄新栄町駅前はデパートや大型店舗が立ち並び、買い物客でにぎわった。それがいまや、視界に入るのは駐車場や空き店舗ばかり。昼間でも人通りはわずかで、若者の流出と人口減少に悩むこの市を象徴する街だ。

 その閑散とした街の一角に、夜中でも明かりがこうこうとともり、ビートの効いた音楽が外に漏れてくる建物がある。「スプラウトダンススタジオ」だ。ガラス張りのドアを開けると、十数人の女の子たちが、汗だくで踊る姿が目に飛び込んでくる。大音量の音楽に合わせ、頭や手足を激しく大きく動かしている。

 「リズム、しっかりとって」「動きが小さいよ」。スタジオ内にひときわよく通る声が響く。声の主は三上沙由希さん(32)。夫の小林祐樹さん(32)と2人でスタジオを経営し、約20人いる講師の一人としてレッスンも担当している。

 大牟田で生まれ育った三上さん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら