パリ・ルーブル美術館の「ガラスのピラミッド」を設計したことで知られる世界的な建築家の中国系米国人、イオ・ミン・ペイさんが16日、米ニューヨークの自宅で死去した。ニューヨーク・タイムズが報じた。102歳だった。

 1917年に中国・広東省で生まれたペイさんは、「I・M・ペイ」としても知られる。83年に「建築のノーベル賞」と言われるプリツカー賞を受賞。ワシントン・ナショナル・ギャラリー東館やボストンのジョン・F・ケネディ図書館、北京の中国銀行本店を手がけた。

 作風から「幾何学の魔術師」と称される。89年には、優れた芸術家に贈られる「高松宮殿下記念世界文化賞」を受賞。97年に開館した「MIHO MUSEUM」(滋賀県甲賀市)の設計も担った。(ニューヨーク)