[PR]

 トヨタ自動車は17日、新型のスポーツカー「スープラ」を発売した。排ガス規制の強化で2002年に生産を終了していたが、他社との一層の差別化を図る狙いもあって17年ぶりに復活させた。

 初代スープラは1978年に登場し、日本で「セリカXX(ダブルエックス)」として売り出された。今回は5代目で、独BMWと共同開発。直列6気筒エンジンと後輪駆動(FR)という歴代スープラの特徴を引き継ぎ、スポーツカーとしての性能を高めた。2人乗り。価格は消費税込み490万~690万円。17日に東京都内で開いた発表会で、友山茂樹副社長は「一人でも多くのお客さまに、ファン・トゥー・ドライブ(乗って楽しい)の神髄を堪能してほしい」と述べた。