[PR]

 湯沢市の湯沢地熱が進める山葵沢(わさびざわ)地熱発電所(同市高松、秋ノ宮)の運転開始を前に17日、報道関係者向けの施設見学会があった。出力は4万6199kWで、発電量は約9万世帯分の消費量に相当。全て東北電力に売電し、年約70億円の売り上げを見込む。早ければ20日にも運転を開始する。

 国内で出力1万kWを超える地熱発電所の運転開始は1996年の大分県の滝上地熱発電所以来で、出力規模は全国で4番目という。

 同社によると、発電所や生産、還元の各基地、熱水輸送管を含む敷地は15万7千平方メートル。地中から発電に使う蒸気を取り出す生産井は標高865メートル~930メートルにある3基地の計9本で、井戸の長さは1500メートル~2千メートル。

 地中からの蒸気のほかに分離さ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら