拡大する写真・図版 長部田海床路(右)。潮が満ちると道が消える=2019年5月15日、熊本県宇土市、長沢幹城撮影

[PR]

 熊本県宇土(うと)市に、海の中へ続く道がある。海中から電柱が顔を出す幻想的な光景が評判だ。いったい、どこへ続く道なのか。

 熊本県宇土市の長部田海床路(ながべたかいしょうろ)は、有明海に続く海に向かってコンクリート製の道が延びる。潮が満ちると道は沈み、海面に顔を出した電柱の列が沖へと続く。対岸には長崎県の島原半島を望み、雲仙普賢岳がかすんでいた。

 SNSでは、映画「千と千尋の神隠し」の一場面のようだとして評判だ。

 5月中旬の夕方。どこからともなく十数人が集まり、カメラを構えた。朱色から薄紫色へ、景色は刻々と表情を変える。恋人と来た熊本市のフリーカメラマン椎葉優作さん(27)は「映画みたいな非日常の世界が撮れる場所。何十回来てもいい」と話した。

 そもそも何のための道なのか。…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら