[PR]

 電力・ガスの小売り自由化で「顧客争奪戦」が激化している。競争の渦中にある東邦ガス(名古屋市)はどう捉えているか。同社の冨成義郎社長に聞いた。

 ――電力自由化から3年、ガス自由化から2年。新規参入した電力では契約を約19万7千件獲得した一方、家庭向けガスに参入した中部電力が約23万9千件獲得。顧客の奪い合いです。

 「(競争が)もっと緩やかに進むと思っていましたが、当初の想定よりもペースが速いです。ガスで中部電力に奪われたことは、厳しく受け止めていますが、当社が参入した電力では予想以上に契約を獲得でき、厳しさと手応えの両方を感じています。中部電力はCMなどを通じて、PRにかなり力を入れているし、当社もCMを始めたことで、電力・ガスの自由化の認知度が大きく高まりました」

 ――価格以外の価値をどう広めていきますか。

 「(家庭向けガスでは)主に低…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら