[PR]

 厚生労働省は、年金の受給開始年齢を70歳超も選べるようにするため、来年の通常国会に関連法の改正案を提出する方針を固めた。現役世代の減少に対応するため、政府は高齢者がなるべく長く働き続けられる環境整備を進めており、年金の「繰り下げ受給」の拡大も、その一環になる。

 厚労省は、現行制度で原則65歳としている受給開始年齢は引き上げない方針。その上で、受給開始時期を60~70歳の間で選べる仕組みを変え、60~70歳超に広げる。75歳とする案もあるが、具体的な年齢などは今後の検討課題になる。

 今は受給開始を65歳より前に…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら