[PR]

 栃木県日光市の日光東照宮で18日、江戸時代から続く伝統行事「百物揃(ひゃくものぞろい)千人武者行列」があった。新緑の中、観光客が埋め尽くした参道を1200人の行列が練り歩いた。

 徳川家康の霊を久能山(静岡県)から日光東照宮に移した様子を再現したもの。御旅所(おたびしょ)までの約1キロの参道を騎馬や弓、やりを持った武者集団、着物姿の稚児、家康公らの神輿(みこし)3基が勇壮に進み、埋め尽くした観客は豪華絢爛(けんらん)な時代絵巻を堪能していた。(梶山天)