[PR]

 アイドルグループ「NGT48」のメンバーで、ファンから暴行被害を受けた山口真帆さん(23)の卒業公演「太陽は何度でも」が18日夕、新潟市のNGT48劇場で始まった。山口さんと親しく、ともにこの公演でグループを卒業する長谷川玲奈さん(18)、菅原りこさん(18)と3人でステージに上がった。

 山口さんは冒頭、「1カ月ぶりの公演ですごく緊張していて、皆さんのお顔が見られてすごくうれしい限りです。3人でやる最後の公演なので、皆さんに笑顔になってもらえるようにがんばります」と話した。

 この日発表されていた出演メンバーは3人のみ。NGTを含めたAKB48グループの卒業公演はこれまで、卒業メンバーと同じチームに所属するメンバーらが出演して盛大に「送り出す」のが通例だった。

 公演開始約1時間後のトークで、山口さんらと同じ1期生の日下部愛菜さん(17)、小熊倫実さん(16)、角ゆりあさん(18)の3人と研究生2人が「スペシャルゲスト」として登場した。

 公演は後半に入り、3人が今後の進路をどう語るかに注目が集まる。

 山口さんは昨年12月、自宅でファンの男2人に顔をつかまれるなどの暴行を受けた。男2人は後に不起訴となったが、山口さんが今年1月、「事件にはNGTのメンバーが関与したのに、運営会社(のAKS)が対処してくれない」とツイッターなどで訴え、事件が明るみに出た。

 AKSが調査をゆだねた弁護士による第三者委員会は3月、事件について「メンバーの関与はなかった」と結論づけた。その一方で、複数のメンバーとファンが私的に交流を持っていたとも指摘したが、AKSがこれらのメンバーの処分を見送ったため、山口さんとAKSの対立が深まった。

 山口さんと長谷川さん、菅原さんは4月の公演の中で「NGTを卒業する」と発表。山口さんは「社長には、会社を攻撃する加害者だと言われている」と訴えた。

 事件の影響で、グループのイメージは急激に悪化。CMやイメージキャラクターなどに起用してきた地元企業やJR東日本、新潟県、新潟市が契約を終了したり、更新を見送ったりした。地元テレビ局やラジオ局も冠番組を相次いで終了し、グループの存続が危ぶまれる状況が続く。