[PR]

 アイドルグループ「NGT48」のメンバーで、ファンから暴行被害を受けた山口真帆さん(23)の卒業公演「太陽は何度でも」が18日、新潟市のNGT48劇場であった。ともにこの公演でグループを卒業する長谷川玲奈さん(18)、菅原りこさん(18)と出演した。

 今後の進路について、長谷川さんは声優をめざすことを表明。山口さんは明言しなかったが、「悲しい姿を見せてしまったぶん、自分の幸せな姿を見せて、皆さんに元気を与えられる存在になることが私の夢です。また皆さんに出会えるよう、私の人生を力強く歩んでいきたい」と話した。菅原さんも「ソロコンサートという夢に向かって、皆さんと第一歩を踏めるようにがんばっていきたい」と語った。

 この日事前に発表されていた出演メンバーは3人のみ。NGTを含めたAKB48グループの卒業公演はこれまで、卒業メンバーと同じチームに所属するメンバーらが出演して盛大に「送り出す」のが通例だった。

 公演開始約1時間後のトークと本編最後の1曲で、山口さんらと同じ1期生の日下部愛菜さん(17)、小熊倫実さん(16)、角ゆりあさん(18)の3人と、研究生の高沢朋花さん(15)、高橋七実さん(17)の2人が登場。さらにアンコール後は、山口さんら3人と仲が良い村雲颯香さん(21)や研究生の渡辺歩咲さん(18)もステージに上がり、3人への手紙を読むなどした。

 3人はアンコール後の2曲目で…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら